歯周病の治療

歯周病治療における当院の考え方



歯周病とは

歯周病とは、歯と歯ぐきの間にたまった歯垢の中の細菌が長期間そこに留まることで歯肉に炎症を起こし、進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまうとても怖い病気です。

長期的な治療とケアが必要

溶けてしまった歯槽骨は元に戻らないため、歯周病は一度かかると一生付き合っていかなければなりません。しかし、治療やその後のケアによって歯槽骨が溶けるスピードを抑え、進行を止めることは可能です。

患者さんと二人三脚で改善を

歯周病を治していくためには、歯科医院での治療に加え、患者さんが日ごろから適切な歯磨きを行っていくことが必要不可欠です。当院では「なぜ歯周病になっているのか」「なぜ歯を抜く一歩手前まで来てしまっているのか」といったことを丁寧にご説明して、患者さんに病気の怖さと改善の必要性を実感してもらいたいと考えています。一緒に改善をめざしましょう。

治療方法

悪循環を断ち切るために、専門的な治療を提供

歯垢は長時間同じ場所に留まると、石灰化して硬くなります。これを歯石と言います。歯石は普段の歯磨きでは取り除けないため、歯石がついた周囲にさらに歯垢がたまりやすくなるといった悪循環が起きてしまいます。この悪循環を断ち切るために、歯科医院による専門的な治療が必要なのです。

スケーリング

スケーラーと呼ばれる器具を使って患者さんの歯垢や歯石を取り除きます。

ルートプレーニング

歯周病が進行していて歯と歯ぐきの間の歯周ポケットが深くなっている場合、スケーリングでは歯垢や歯石を除去できないことがあります。そんなときにはまた違った器具を使って、歯周ポケットの奥深くにこびりついている歯垢・歯石を取り除きます。
患者さんが適切な歯磨きを習慣的に行った上で、これらの治療を行うことで、歯ぐきの炎症が治まってきます。