一般歯科・小児歯科

むし歯治療における当院の考え方

本当に悪いところだけを除去する最小限の治療

当院では、むし歯の治療について、本当に悪くなってしまった部分だけを除去し、良い部分を残す治療に取り組んでいます。この考え方は「M.I」(ミニマル・インターベンション)と呼ばれます。2000年に国際歯科連盟が提唱し、現在の歯科治療の主流となっています。

できる限り歯の神経を残す治療

上述の「M.I」に関連しますが、当院ではむし歯を削る量を最小限にして、できる限り歯の神経を残すようにしています。歯の中には神経が通っていて、その神経に血管が絡まり、歯に潤いを与えています。神経を取ると血管までなくなってしまうので、歯に水分がなくなって乾燥し、壊れやすくなってしまうのです。

痛くない治療への取り組み

当院では患者さんが痛みを感じないように、しっかりと麻酔を行った上で治療をしています。麻酔では、針がささるときと麻酔薬を注入するときに痛みが生じる可能性がありますが、当院では「表面麻酔」と「自動麻酔」によって、麻酔時の痛みを減らしています。

表面麻酔

麻酔の注射をする前に、麻酔薬を歯ぐきに塗ることで感覚を麻痺させ、刺入時の痛みを和らげます。コットンやガーゼに薬を染み込ませて歯ぐきに当てます。

自動麻酔

麻酔薬を注入するときに使う機器です。自動麻酔器の導入により細い針で弱い圧力で麻酔薬を注入することができるため、手動よりも麻酔薬の注入時の痛みを軽減することが可能です。

小児歯科における当院の考え方

歯科医院に親しんでもらいたい

小さなお子さんにとって歯科医院は未知の世界。知らない大人に口を触られることを嫌がったり、何をされるかわからずに怖がったりするお子さんもいらっしゃいます。

当院では女性スタッフが優しい口調でお子さんに語りかけます。麻酔のことを「ばい菌さんが悪さをしないように眠らせるお薬だよ」と言うなど、お子さんでもイメージできるような言葉で話したり、実際に器具に触ってもらったりなどして興味を持ってもらえるよう心がけています。

お母さん、お父さんの協力が大切

小さなお子さんが自分自身でお口の環境を整えていくことは困難。当院ではご両親にもお子さんのお口の状態や歯磨きの方法などをお話し、お子さんのお口の健康を守っていただくようにお伝えしています。特に乳歯や生えたての永久歯は軟らかく、むし歯になりやすいので、ご両親の協力はとても大切です。

当院の取り組み

フッ素塗布が高校生まで無料

当院では、むし歯予防に有効なフッ素塗布を高校生まで無料で行っています。

フッ素とは、むし歯菌の働きを弱め、歯にカルシウムを吸収しやすくさせて歯を丈夫にする化学物質のこと。永久歯が生えてから数年間はむし歯になりやすいので、フッ素塗布を無料でご提供することで、むし歯を予防するとともに、歯の健康に関心を持っていただければ幸いです。

シーラントでむし歯予防

当院では、むし歯になりやすいお子さんにシーラントを行っています。シーラントとは、歯ブラシが届きにくい歯の溝の部分にプラスチック樹脂を埋め込んで表面を滑らかにすることでむし歯になりにくくする治療です。対象の目安はお子さんとコミュニケーションがとれるようになる3~4歳ごろ。また永久歯が生えた後にも行っています。