当院の特徴

女性スタッフによるきめ細やかなサービス

当院には歯科医師と歯科衛生士、歯科助手、受付を合わせて5人のスタッフがいて、みんな女性です。細やかな心配りで患者さんをサポートしており、患者さんからも「話しやすい」「説明が丁寧」などのご感想をいただいております。

患者さんと“相談”しながら治療を実施

当院院長が患者さんとお話するときによく口にするのが、「相談しましょうね」。当院院長はこの「相談」という言葉が好き。というのも、治療は歯科医師が主導して行うものではなく、患者さんと協力しながら一緒に進めるものだからです。患者さんのお悩みを聞き、治療法を提案し、ともに解決策を探っていく。二人三脚で行う治療を大事にしています。

丁寧かつわかりやすい説明

現在の医療において、十分な説明(インフォームドコンセント)が重要だということはご存知の方も多いのではないでしょうか。当院では丁寧に説明することはもちろん、その結果として患者さんにしっかりと伝わっているか、理解していただいているかに重きを置いています。患者さんの表情を見ながら、患者さんが理解しやすいペースでお話しています。

イラスト動画や口腔内写真で「見える化」を

治療の手順をわかりやすく解説したイラスト動画や、口腔内カメラで撮影した患者さんのお口の拡大写真をモニターに表示するなどして、なるべく見える形にしてご説明しています。むし歯が進行してしまった際に行う歯の根の治療(根管治療)のイメージなどはイラスト動画で歯の内部を説明することで、「わかりやすかった」と話される患者さんが多いです。

できる限り歯を残す治療を

「歯を抜かないといけないと言われて」と、セカンドピニオンとして来院される患者さんもいらっしゃいます。患者さんのお口を見ると確かに荒れている。そんなときでも当院では、歯磨きを改善して病気の進行を遅らせるなど、どうにかして患者さんの大切な歯を残す手立てがないかと考え抜いた上で治療を行っています。

得意分野は歯周病と補綴の治療

当院は現在の歯科治療を幅広くご提供していますが、その中でも特に得意としているのは、歯周病と補綴の治療。当院院長はこの2つの分野を専門に診療と勉強を重ねてきました。歯周病の治療では患者さんの口内環境を整えること、補綴の治療では患者さんのお口に合った補綴物になるよう、できる限りの調整をすることを心がけています。

「歯周病の治療がうまく進まない」「入れ歯が合わない」などのお悩みをお持ちの方は一度、ご相談ください。